広島銀行住宅ローン

住宅を購入するつもりなら、住宅ローン選びは肝心です!

 

 

では、

 

広島銀行住宅ローンとはどのようなローンなのでしょうか?

 

低金利で長期固定金利タイプのフラット35が借りられる!


 

女性向けの住宅ローンがある!


 

住宅や住宅ローンに対して専門家のアドバイスを聞くことができる!


 

無担保で住宅ローンの借り換えができる!


 

広島銀行の「活彩倶楽部」や〈ひろぎん〉トータルポイントサービスのポイントで金利引き下げが行える!


 

 

                                以上のような特徴があります。

 

これらの特徴を見て、

 

広島銀行住宅ローンについて少しでも興味が出という方は、

当サイトで、詳しく解説していますので、ぜひご覧ください!

 

最初に、広島銀行住宅ローンの特徴・メリットを確認しておきましょう!

このサイトでは、広島銀行の住宅ローンについて、特徴やメリット・デメリットなどをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

広島銀行は、広島県広島市に本店を置くいわゆる地方銀行で、通称「ひろぎん」と呼ばれています。

 

広島銀行の歴史は、広島県尾道市に1878年に設立された第六十六国立銀行までさかのぼります。

 

また、1879年には広島県広島市に第百四十六国立銀行が設立されています。

 

第百四十六国立銀行は1897年に廣島銀行に改称しています。

 

1920年には、第六十六国立銀行や廣島銀行を含む6行が合併して、藝備銀行となりました。

 

また、藝備銀行、呉銀行、備南銀行、三次銀行及び広島合同貯蓄銀行が合併して、1945年に(新)藝備銀行となり、1950年に廣島銀行に行名変更しました。

 

また、1988年に旧字体を新字体に改め、広島銀行と商号変更して、現在に至っています。

 

2012年3月期の広島銀行の預金額は5兆7646億円程度で、地方銀行の中の第9位となっています。

 

また、広島銀行の総資産6兆6499億円で、これも地方銀行の中では、第9位の地位を占めています。

 

 

広島銀行は、広島県内を中心に多くの支店を構えていますが、島根県、山口県、岡山県などの中国地方や、福岡県、愛媛県、兵庫県、大阪府、愛知県、東京都などに支店網を構築しています。

 

また、広島銀行では、住宅ローンに関して相談することのできる住宅ローンセンターを設置していますが、住宅ローンセンターは、広島市内に3店舗、広島市外の広島県内に4店舗、広島県外にも3店舗を構えています。

 

 

広島銀行は、多くの種類の住宅ローンを提供しています。

 

主な住宅関連のローンは、下記の通りです。

スーパー住宅ローン
住宅を新規取得する人で、公的住宅融資などを利用せず、広島銀行のみで借り入れを行う住宅ローンです。


 

女性向け住宅ローン「Myself(マイセルフ)」
住宅を取得する働く女性向けの住宅ローンです。ワンルームマンションの購入にも利用することができます。


 

(ひろぎん)住宅ローン「フラット35」
最長35年間、住宅ローン金利が変化しない住宅ローンです。住宅金融支援機構がローン債権の買取を行います。


 

借り換え専用住宅ローン「プラス700」
借り換えを行いたくても、担保価値が下がっているため、借り換えができない人、高金利時にローンを組んだ人などにお勧めです。


 


 

広島銀行住宅ローンとはどのような人に向いているのでしょう?

こちらでは、広島銀行の住宅ローンには、どのようなメリットがあり、どのような人に向いているのか考えてみましょう。

 

 

 

【地域に密着したサービス】

 

広島銀行はいわゆる地方銀行で、本店のある広島市を中心に、広島県に密着したサービスを展開しています。

 

広島に在住している人にとっては、大手都市銀行やネット銀行以外に住宅ローンを検討する金融機関として、有力な候補の一つだと思われます。

 

また、広島銀行の「活彩倶楽部」や〈ひろぎん〉トータルポイントサービスのポイントによって、より有利な金利の引き下げを受けることができることも、大きなメリットの一つです。

 

 

【様々な住宅ローン】

 

広島銀行が提供している住宅ローンは、「スーパー住宅ローン」、女性向け住宅ローン「Myself(マイセルフ)」、〈ひろぎん〉住宅ローン「フラット35」、借り換え専用住宅ローン「プラス700」、無担保住宅ローンと多岐にわたります。

 

これらの豊富なラインナップの中で、自分に合った住宅ローンが選びやすくなっているといえます。

 

 

【住宅ローンの借り換え】

 

住宅ローンの借り換えについては、借り換え専用住宅ローン「プラス700」と「無担保住宅ローン」があります。

 

プラス700では、担保評価額以上の住宅ローンを組むことができますし、現在の住宅ローンの残存期間以上の住宅ローンを組むこともできます。

 

この仕組を利用すると、現在の住宅ローンの支払よりも月々の支払額をかなり低く抑えることも可能になります。

 

また、一般的な住宅ローンの返済期間である35年を超えた、超長期の住宅ローンとすることも可能です。

 

さらに、無担保住宅ローンでは、借り換え時の担保が不要のため担保設定費用がかからないメリットがあります。

 

このように、住宅ローンの借り換えを検討している人に、広島銀行の住宅ローンはお勧めです。

 

 

【住宅ローンの相談】

 

広島銀行では、広島市内3ヶ所、広島県内4ヶ所、広島県外2ヶ所の合計9ヶ所に住宅ローンセンターを設置しています。

 

住宅ローンセンターでは、マイホームの購入や借り換えなど、住宅ローンに関して幅広い相談を行うことができます。

 

いわゆるインターンネット銀行などでは、全てをインターネットで行えることを売りにしている金融機関もありますが、広島銀行では、面と向かって対人で相談できるメリットがあります。

 

住宅を取得したり、住宅ローンを組んだりするにあたって、色々な専門家のアドバイスを得ながら、じっくりと検討したいと考える人にお勧めです。

 

 

広島銀行住宅ローン借り換えのメリットとデメリット

夢のマイホームを買う際に多くの人が広島銀行住宅ローンを利用します。

でも、毎月のローンの返済が多くて大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に検討するのが広島銀行住宅ローン借り換えをして利息を減らすことです。

ただ借り換えのメリットを受けたいということを考えると当然、今借りているローンよりも金利が低くなる必要があります。

検討する際のメリットの計算方法に関しては各銀行機関でシミュレーションを用意しているので参考にしてください。

ただ、計算する際の注意点として、シミュレーションを使って計算してみたら30万円くらい利息が減ったから借り換えようと思うと登記などの経費が発生してあまり得にならなかったということもあります。

最近、インターネット銀行などでは非常に低い広島銀行住宅ローン金利を設定している場合があり、広島銀行住宅ローン借り換えを検討する人も多いのではないでしょうか。

その際、夫婦や親子でローンを組む場合は相続税に注意が必要です。

どういった場合に問題が起きるかというと最初にローンを組んだ時に不動産の持分を夫婦共有持分としていたのが実際は夫が全額返済している場合に借り換え時に単独名義になってしまうことがあります。

こういった場合の単独債務での借り換えには金利以外の税負担が伴う可能性があるため、税理士や銀行機関に相談してください。

場合によっては、不動産登記などの諸費用と発生する税負担を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。

住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行からお金を借りて、現在借入中の銀行に完済することで債務を別の銀行に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行の承諾は必要ないので理論上、何度でも借り換えを行なえます。

ただ、借り換えをする理由はなにかしらのメリットがあるから行うわけです。

その理由としては、借り換えメリットがあるから行うのででは、どんな時期に借り換えをするのがベストなのでしょうか。

ベストなタイミングは誰にも予測できません。

借り換えメリットが月収以上になった時がベストな時期と言われています。

家計を圧迫すると言われる広島銀行住宅ローンの返済ですが今組んでいるローンの金利よりも低いローンが変えて毎月の支払額を減らしたいと思いますよね。

参考:住宅ローン金利が安い銀行は?低金利ランキング【どこが安い?】

ただ、低金利という部分だけを目当てに変えるのはやめましょう。

広島銀行住宅ローン借り換えはフリーローンなどの借り換えとは違い登記などで様々な費用が発生しますので、費用を入れて計算したら逆に損してしまうということもあります。

シミュレーション時に変更するメリットがあるかを考えてから行いましょう。

借り換えを行う判断基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収よりも多い時です。

1度組んだ広島銀行住宅ローンを他のローンにする広島銀行住宅ローン借り換えですが1度審査に通ったから借り換えも大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換えの審査に通らない場合もあります。

職場や年収に変更がなければほぼ審査に通りますがほぼ審査に通ると考えてもいいようですが転職した、年収が下がったという場合は要注意です。

特に年収が変わっていなくても最初の住宅ローンの申請時は新築扱いだったカードローンや教育ローンなどローンの数が増えている、他にはカードローンや自動車ローンなど別のローンを複数抱えている場合もそのため支払い期日のあるものは必ず期日までに払うようにしましょう。

現在のローンよりも金利の低いローンへ変更する広島銀行住宅ローン借り換えですが、借り換えに際して色々と必要なものがあります。

その際、準備する書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の広島銀行住宅ローン返済予定表や返済口座の写しなどの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる課税証明書などの書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる登記簿などの書類になります。

勤務先などで取得する書類は比較的見慣れているのでどんなものかイメージしやすいですが登記簿謄本や売買契約書などは普段見慣れないものです。

ここに挙げたのは主な分類なので金融機関によってはもっと多くの書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

今の借りているローンの金利よりも低い金利にするために行う広島銀行住宅ローン借り換えですが、行う際にはいくつか注意点があります。

まず注意するのは借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

例えば、メリットとしては月々の返済額を今よりも低く抑えられることなどが挙げられますがローンの借り換えとは今とは違う別の機関で住宅ローンを組むことなので申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要があります。

こういった金利以外の面も含めて総合的に考えるべきです。

また、借り換えを行うのを決めた場合には、借り換え先は保証料がないローンなのか、繰上げ返済が簡単かなど自分に合ったローン選びをする必要があります。

住宅ローン借り換えに関して調べものをしていると気になる事実を見つけました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は広島銀行住宅ローンの借り換えができないということです。

どういった場合にそういった事態が起きるかというと転勤することになってローンが残っている住宅と転勤先の賃貸料の二重支払いになってきついので金利の低いローンに変更して支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ借り換えが出来ないかというと、広島銀行住宅ローンという制度は自身の居住のための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、他の金融機関を探しても現在のローンよりも良い条件のローンは見つからないと思います。

他にも離婚が原因で別居する際なども同様のことが言えます。

住宅ローン借り換えを行う場合、様々な手続きが必要です。

例としては抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士にお願いする形になりますが司法書士を選ぶ権利は申込者側に原則あるので金融機関次第では自分で選ぶことも可能です。

借り換えを行う方の多くは司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関の指定する司法書士が行うことも多いのでご安心ください。

司法書士を選べるかどうかは金融機関へ確認してください。

他にも申し込み段階で準備する書類や手続きも多いので借り換えメリットが少ないと思ったら行わないという決断もありです。

月々のローンの支払額を低くしようと思い、広島銀行住宅ローン借り換えを考える家庭もあると思います。

では、その場合、今加入している火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

旧公庫ローンを借り入れている場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換えを行う時は別の保険を契約することもできます。

もし、そのまま継続するのなら保険金の見直しもしておきましょう。

その理由としては、火災保険は契約後に保険金額が適切な金額で設定されている必要があります。

借り換えのタイミングで見直してはいかがでしょうか。